オッズ分析ソフトMONSTER.ver7実践編。

オッズ分析ソフトMONSTER.ver7【通常コース】

さて、昨日レビューした「MONSTER.ver7」です。
http://bakurohonpo.jp/blog-entry-1684.html

文章ばかりで掴みにくかったと思います。
ということで実際の直近のレースをもとに実践的な使い方のレビューです。

ソフトの画面はこのように構成されています。
m7.jpg
クリックで拡大できます。

先週土曜の重賞アンタレスステークスです。
直前オッズで単勝人気順は⑫→⑩→⑬、複勝は⑫→⑩→⑧でした。

どちらも⑫と⑩が人気。
しかし、MONSTER指数(指数の欄)では⑧→⑩→⑫の順で1番人気の⑫は3位と少し下がります。

想定万馬券率は25%と低いので万馬券までは期待できにくいですが、1番人気が軸とは言いがたい状況です。
またその横の時系列指数では⑫は圧倒的なポイント差ですが、インサイダー丸裸指数は⑩が逆転してポイント1位です。

ということは連には絡みそうですが軸ではない。
こういうときは素直にボックスです。

ではどの馬を選ぶか?
MONSTER指数1位~3位の馬は、人気が逆転しているとはいえ単勝複勝順でも1位~3位にいます。

⑫⑩⑧は必要でしょう。
時点4位の⑬ですが、余裕があれば入れてもいいのですがインサイダー丸裸ポイントが0です。

逆に①はMONSTER指数こそ7位ですが、丸裸ポイントは15ポイント入っており少し臭います。
その次の丸裸ポイント11の⑯も入れておきたいところ。

さらには単勝複勝とも9番人気ながらMONSTER指数5位の⑮も入れておきたいですね。
ということで。

⑫⑩⑧①⑯(+⑮⑬)のボックスとなります。
()内はもう少し万馬券率が高かったら絶対ですが、ここでは豆券程度で抑えまで。

結果は⑩→①→⑫となりました。
馬連¥3,250、三連複¥1,490、三連単¥16,260どれでも取れますね。

次に信頼できる軸馬がいるレースの例です。
荒れるレースを得意とするMONSTERですから、鉄板軸がいるレースは配当的にはそれほど妙味はないのですが見ておきましょう。

桜花賞です。
m2.jpg

想定万馬券率は17%と低く、本命で決まりそうなレースです。
1番人気ハープスターを見てください。

印の欄に「鬼」と出ていますね。
これは信頼できる軸馬に付くマークですが、その中でも最も信頼度の高いパターンです。

軸は⑱決定です。
紐ですが、指数、時系列、丸裸それぞれの上位でいいでしょう。

指数2位~5位が⑫③(単勝12番人気!)⑰⑬、時系列では⑫⑨⑩⑰、丸裸ポイントは⑨⑫⑩⑥⑮。
まとめると、⑱→⑫⑨⑩⑰(③⑬⑥⑮)です。

ここでは複数回出てきた馬をヒモ馬に、1回登場の穴馬を抑えにという買い方です。
本命レースですから穴馬はおこのみで。

このソフトを使えば、荒れるレースではないということは既にわかってしまいますので点数は減らしてもいいかもしれないですね。
想定通り低い配当ではありますが、勝ちです。

このように荒れるレースだろうが本命レースだろうが瞬時にわかり、買い目もすぐに出せます。
正直、他の競馬ソフトやなんかは全ていらなくなりますよ。

オッズ分析ソフトMONSTER.ver7【通常コース】
[ 2014/04/24 08:19 ] MONSTER | TB(0) | CM(0)